近親相姦

東京1区選挙区情勢都議選情勢分析

投票率の低い都議選は組織票がききそれほどまぎれがないので、昨今のモリカケ問題で自民党の支持率が下がったとしてもそれほど影響ないかと予想していたのですが、国政同様ここしばらく自公協力であった都議選はどうやらそうではない。
公明の事前の二連ポスターはいつもなら党首の山口なつおだが、今回は小池との二連で色も小池カラーの緑。この時点でオヤ?とは思ったのですが、例えば新宿では自公はそれぞれ候補をたててどちらも当選枠に入ってくるので、自公が対決しているとは思わなかった。ところが告示されて他の選挙区をみたところ、1人区2人区にほぼもれなく都民ファーストの候補がたちそれを公明が推薦する図式。このような選挙区は今まで自民候補を公明が支援し票も入れて当選していたもの。つまり公明は今回の選挙では自民と別れ小池看板でのガチンコ対決姿勢なのだ。
そうなってくると自民候補はうかうかしておれない。ただでさえ逆風なのに公明の支援がない。実績のない都民ファーストだが、無党派票がこちらにざざっと流れるかもしれない。都知事選をふりかえってみると、公明は小池ではなく自民の増田の方を支援していた。この流れがいつ変わったのかわからないが、まさかここまであからさまにやるとは。公明は都議会でキャスティングボードを握るつもりで小池の都民ファースト支援という勝負に出たと言っても良いのかもしれない。

【都議選】児童ポルノの規制と近親相姦とセックスに明け暮れる公認候補・青地真美氏

喫煙推進・タバコとポルノ。中だしファックバックからの青地真美公式サイト

2017年の親子どんぶりと中だしノウハウと近親相姦・母子相姦を推進するサイトの候補者aojimami

青地真美氏の公式サイトとは流行のセックスノウハウと煙草・児童ポルノブログと同じ

【都議選】児童ポルノの規制はしてはいけない!どんどん近親相姦を推進する青地真美

どんどん近親相姦を推進する青地真美の公認サイトでは煙草販売をファック推進

ヘビースモーカー議員・青地真美の分析: よこぜログ